車を高く売る時にしてはいけないこと。やらなくちゃいけないこと。

車を査定してもらう際は、面倒かもしれませんが、スタッドレスタイヤをつけて出すのではなく、標準タイヤにしておいた方がお勧めです。

査定を行う時、スタッドレスタイヤはマイナスになる要因です。もし、状態がいい場合は車と一緒にスタッドレスタイヤも買取をしてもらえることもあるかもしれませんが、溝がない状態になってしまっていると、反対に処分の費用が必要かもしれません。

タイヤの履き替えを最近したり、バッテリーを最近新品に取り換えたりとかあると思います。当然のことですが、タイヤでもバッテリーでも新品ほうが査定してもらう上では好ましいというのは皆さんも分かるかと思います。

でも問題になってくるのが、これから車を査定してもらおうという時に、そういった消耗品関係を新品に交換してから売ったほうがいいのか?というと実は一概にそうとは言えないことも。

不思議に思うかもしれませんが、もしも新品に交換してから査定してもらったとしても、実は買取価格にはそれほどプラスに働くものではなく、むしろそういった車のメンテンナンスは普通やってあるよね!くらいにしか買取業者は思わないからです。

査定額に影響を及ぼすケースとしては、タイヤのワイヤーがむき出しになるほど古いタイヤだとか、エンジンが動かないほどまでバッテリーが弱ってたりすると、査定士のマイナス査定につながることはあるんですが、

例えば新商品のタイヤが販売開始になったからといって、そのタイヤに履き替えたとしても買取金額がプラスになるということはないのです。

恥ずかしながら、これ昔僕が実際にやって損しちゃったっていう話なんですが、その時の買取業者の方には「これで買取金額が高価なることにはなりませんので、次に車を売却する時には正直交換しないほうがいいですよ!」と言われたお話なんです。

つまり、車においての消耗品関係、要するにタイヤやバッテリーに関しては、車を売却と決断してからは交換する必要性は全くないということ。

当然ではありますが、古いタイヤやバッテリーの車であるよりも、新しいタイヤやバッテリーの車のほうが確かに買取金額は若干高価はなりますが、その交換に関して皆さんが支払う費用ほど買取金額が高額なることは残念ながらなく、やればやるだけ無駄になってしまうということなんです。

車の消耗品関係に関して査定前に交換すべきか?についてお話しましたが、もうすぐ車を売る予定があるという方や、既に車を買い替えるところだという方は、くれぐれも損して悔しい思いをすることのないよう、新しい部品やパーツに交換などせず、その状態のままで売りに出すようにしてくださいね!

そして忘れてはいけないのが、どうやって車を売るか?なんですが、こちらの長崎市でおすすめの車買取一括査定というブログで詳しく書かれていますんで一度読んでおくといいですね。

Theme: Overlay by Kaira Extra Text
Cape Town, South Africa